初心者におススメのマハーバーラタ!
略版なので読みやすい。
一読目はアルジュナが出てくるところまで飛ばして読んだ方が挫折せずにすみます。隅々まで読むのはハマってから!
(amazonアソシエイトです)


マハーバーラタ(上) (第三文明選書)


マハーバーラタ(中) (第三文明選書)


マハーバーラタ(下) (第三文明選書)

ガッツリ読める推しマハーバーラタです。ただし未完。(8巻で終わってしまった……)
ナラ冠はこの本をもとにしています。

原典訳マハーバーラタ〈1〉第1巻(1‐138章) (ちくま学芸文庫)
プロフィール

シキミヤ

Author:シキミヤ
【クロチカ外苑】
いろんなことを書いているブログです。
ネタばれを多分に含みます。

月別アーカイブ
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです、シキミヤです。
あやなすの進捗報告をします!

先月の報告の通り、現在はBGMをつけています。
かなり時間がかかる見込みでしたが、今までお借りしてきたBGMが100曲ほどあるので、あらたに探しに行くことが少なく、思ったより順調です。といっても時間はかかりますがね!
がっつり頑張って進めていきたいところ。

動きがまったくなくて申し訳ないです。が、そんななかでも拍手やコメントで励ましていただけて嬉しいです!
先月の返信で新仁貴文橋本の怪異体験について語ったのですが、またコメントいただいたので補足を。おっしゃるとおり、貴文と橋本は逢魔ヶ時の世界での怪異体験を忘れてるのでノーカンにしてました。月曜日も金曜日も忘れてます。

怪異化が進んでると覚えていられるんですが、数回逢魔ヶ時の世界に行くくらいでは無理ですね。人によりますし、そこでなにを体験したかにもよりますけど……。
だからもしかすると、「逢魔ヶ時の世界に肝試しに行こう!」と決めている人が月曜日に迷いこんだとして、火曜日にはそれを忘れて「あれ? 昨日行こうとして迷いこめなかったんだっけ……今日行こう」を繰り返して一週間通いづめになる可能性もなくはない。うっすら記憶に残って忌避感を覚えて行かないパターンがほとんどだと思いますが。
このへんについてはあやなすで詳しく言及されます。されますっていうかします。吉田が。吉田ルートと遼ルート比べると分かりやすいです。

さあしばらくはBGMとSEのターン! これがあるといっきに雰囲気が出るんですよね~。
今後も制作を続けていきます!
スポンサーサイト
前後の記事へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。